パワードコムがビデオ・オンデマンドサービスに参入

エースラッシュ2005年07月22日 21時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パワードコムは7月22日、三菱商事およびネオ・インデックスと協業し、VOD(ビデオ・オン・デマンド)やゲーム、カラオケが楽しめる「Powered Theater」の限定先行サービスを、8月11日〜9月15日の期間で実施すると発表した。

 「Powered Theater」は、映画/アニメ/TVドラマ/バラエティ/教育/音楽など各ジャンルの映像コンテンツを視聴者が見たいときに視聴できるのに加え、将来的にはゲームやカラオケなども楽しめる。コンテンツの配信にはFTTHなどの光ファイバー回線を利用し、専用のセットトップボックスをテレビに接続することで、リモコンの操作だけで視聴が可能になる。

 VODには三菱商事よりネオ・インデックスのVODサービス「ネクステンシブVOD」を導入。ハリウッド・メジャースタジオ作品を含む洋画/邦画/アニメ/TVドラマ/教育といったコンテンツ、お笑いを中心とするバラエティ・コンテンツは東京電力と吉本興業が共同出資するキャスティを通じて配信される。

 今回の限定先行サービスは、今秋に予定される本格サービス開始まで行われ、「ネクステンシブVOD」で提供される映画を中心とした100本の作品が期間中無料・見放題になるという。限定先行サービスの募集人員は200名で、8月1日より「Powered Theater」 の公式サイトから応募が可能だ。なお、応募にはパワードコム対応ISPの加入などが必要条件となる。

 3社は「Powered Theater」での協業を通じて、ユビキタス・ネットワーク時代の次世代型ホームエンターテイメントサービスの実現に向けて強固な協力体制を構築、ユーザー利便性の向上やコンテンツの充実に取り組んでいく予定だ。

Powered Theater

  • このエントリーをはてなブックマークに追加