logo

スカパー!、スペースシャワーに資本参加--音楽事業を手中に

永井美智子(編集部)2005年06月23日 22時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(スカパー!)は6月22日、音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」を手がけるスペースシャワーネットワークの株式2666株(発行済株式総数の10%)を取得したと発表した。CHANNEL[V]NETHERLANDS No1 B.V.から相対取引によって総額10億1308万円で買い取ったもの。

 今回の株式取得は、スカパー!が2005年1月26日に発表した中期ビジョンにおける「垂直展開−DTH事業展開の強化」の具体的施策の一環として行うもの。同社は放送コンテンツの製作・調達を強化するため、放送事業者との関係を強め、出資を積極的に行う意向を示していた。

 スペースシャワーは、スペースシャワーTVのほか、音楽チャンネルの「Video Music Ch.」、気象情報チャンネル「e-天気.net」を手がけており、全国で視聴可能な世帯数は606万6000件にのぼる。また、携帯電話向けに着信メロディなどを配信するほか、音楽イベントと連動した広告事業なども手がけている。

 スカパー!では音楽をキラーコンテンツの1つととらえ、CSデジタル放送だけでなく、インターネットや携帯電話へも配信し、スカパー!のマルチプラットフォーム戦略を加速させるとしている。なお、スカパー!は事業強化に向けて3月にペイ・パー・ビューの株式を約2億8000万円で取得しており、5月にはインデックスに約100億円を出資すると発表している。

-PR-企画特集