logo

アップル、Mac OS X用のパッチを公開--BluetoothやPHPなどの不具合を修正

Joris Evers(CNET News.com)2005年06月09日 17時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerは米国時間8日、20件以上もの問題を修正するためのセキュリティアップデート「2005-006」をリリースした。修正された問題のほとんどは、Mac OS X 10.4「Tiger」のサーバ向け/クライアント向けの両バージョンに存在する不具合に関するもの。修正された問題は、オペレーティングシステムのさまざまな個所に存在し、攻撃者がMac上の任意のコードを実行したり、ユーザーが自身に与えられた権限を勝手に変更したりすることを可能にする脆弱性も含まれるという。

 また、このうち2つのパッチは、AppleのMac OS X10.3.9のサーバ向け/クライアント向けの両バージョンにも影響するという。1つは、Bluetoothに関する脆弱性を修正する。この問題は、デフォルトで指定されているファイル交換ディレクトリ外にあるファイルへのアクセスが許可されてしまう可能性があるというもの。また、もう1つは、ウェブ開発で多用されるスクリプト言語であるPHPに関する問題を解決する。このパッチによりPHPは、バージョン4.3.11にアップデートされる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集