logo

NECソフト、中堅企業の事業継続計画策定を支援するコンサルサービス

ニューズフロント2005年06月02日 19時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECソフトは6月2日、中堅企業向けの事業継続計画(BCP)策定支援コンサルティングサービスの提供を開始した。同社は、NECグループが提携している米SunGardのBC方法論をベースに、国内中堅企業向けに最適化したサービスを提供していく。料金は個別見積もり。

 このサービスは、NECソフトの災害対策ソリューション「MelodiousStor」「SANsymphony」、アウトソーシングサービス「バリューソーシング」、安否確認サービス「3rdWATCH」などと連携することで、コンサルティングからシステム設計/構築/運用管理まで総合的に対応できる。

 サービスメニューは以下の5項目。

  • BCP企画:
     顧客の社内でのBCプロジェクトを推進支援する

  • ビジネス影響度分析(BIA:Business Impact Analysis):
     事業停止時の影響度を見積もったうえで、復旧目標時間を決め、復旧業務の優先順位付けを行う

  • 事業復旧計画(BRP:Business Recovery Plan)策定支援:
     BIAの結果にもとづき、リスクパターンや影響範囲を想定して復旧時の方針、体制、役割、手順などの策定を支援する

  • IT復旧計画(ITRP:IT Recovery Plan)策定支援:
     BIAの結果にもとづき、システムの復旧方針や復旧計画、リカバリシステム構築計画などの策定を支援する

  • ウォークスルー(テスト、訓練)
     関係者による訓練を行い、BRP/ITRPのレビューおよび見直しを行う

 同社は、6月8〜10日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催されるNETWORLD+INTEROP TOKYO2005において、同サービスを紹介する。

NECソフト

-PR-企画特集