サイバーテロ対策の「日本安全保障分析センタ」設立へ

エースラッシュ2005年05月20日 21時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーディフェンスとインターネット セキュリティ システムズ(ISS)は5月20日、サイバーテロに関する脅威データの収集・分析を目的とした「日本安全保障分析センタ(J-SAC、仮称)」の準備室を5月1日付で設立し、活動を開始したと発表した。

 両社の協業により設立されたJ-SAC準備室は、世界中で発生しているテロ活動を中心としたサイバー上の脅威データを収集・分析することを目的とした専門プロジェクトだ。このプロジェクトはすでに国内外の情報機関やシンクタンクの支持を受けており、早ければ今秋にも正式に発足されるという。

 J-SACでは、今後サイバー空間の安全保障に対する危機管理体制の提案、サイバーテロやバイオテロ等の情報収集および専門的分析を含めた白書の作成、情報収集と分析を強化するための安全保障分析官(プロファイリング専門家)の育成、脅威データベースの構築などを行う予定だ。

サイバーディフェンス

インターネット セキュリティ システムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加