住友商事、シンガポールの官学ナノテク企業と業務提携

ニューズフロント2005年05月13日 15時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住友商事とナノテクノロジー分野の研究開発を行うシンガポールのNanoFrontierは、ナノテクノロジー関連事業の開拓に向けた業務提携で合意した。住友商事が5月13日に明らかにした。

 NanoFrontierは、ナノテクノロジーの応用開発とその事業化を目的に、シンガポールの経済開発庁とNanyang Technological University(NTU)が設立した合弁企業だ。NTUの持つ技術や特許を活用し、共同開発や企業からの受託研究を行っている。

 この業務提携により、住友商事は(1)NanoFrontierとの共同研究開発プロジェクトの発掘および実施、(2)NanoFrontierの保有技術に関する事業化支援、(3)NanoFrontierにおけるナノテクノロジー研究開発に必要な材料や設備の調達支援、(4)ナノテクノロジー技術開発についての情報交換を行う。

住友商事のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加