logo

エリクソンとドコモ、WCDMAの相互運用試験に成功

エースラッシュ2005年04月07日 20時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エリクソン・モバイル・プラットフォームとNTTドコモは4月7日、U100を使用したWCDMAの相互運用試験(IOT)に成功したと発表した。

 2004年に全世界で販売されたWCDMA携帯端末のうち約30%がエリクソン・モバイル・プラットフォームのWCDMA/GPRSプラットフォームであるU100を採用しているという。今回の実験は、このプラットフォームを使用したもの。最初にNTTドコモの試験環境での試験を行い、次いでドコモのFOMAネットワークを利用した実地試験を行った。

 この実験成功により、海外のU100プラットフォーム搭載端末がドコモのFOMA網に接続可能であることが証明された。海外端末の日本へのローミングなどが技術的には可能だということになる。

日本エリクソン
NTTドコモ

-PR-企画特集