logo

松下、画質にこだわった新薄型テレビ「VIERA」9機種を一斉発売

坂本 純子(編集部)2005年04月06日 20時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業パナソニックマーケティング本部は4月6日、薄型テレビ「VIERA」の新製品PX500シリーズなど9機種を発表した。発売はすべて5月1日。

 新VIERAは、新しい高画質システム「PEAKS」により、階調性を従来品(PX300シリーズ)よりも30%向上させるなど、よりなめらかで奥行きのある映像を実現した。また、年間消費電力量は最大35%削減できるほか、普段通りテレビを見ているだけでユーザーの好みの番組ジャンルを自動で学習し、おすすめ番組を知らせてくれる「インテリジェントテレビ番組ガイド」機能なども搭載している。

VIERAの宣伝キャラクター小雪さん

 50型、42型、37型の大画面モデルはプラズマ、32V以下は液晶でのラインアップとなる。

 プラズマディスプレイパネル(PDP)、液晶ディスプレイ(LCD)の同社における生産台数は、2004年の45万台から2005年には83万台へと飛躍的に伸びると予測。その理由として、BSデジタルの普及、デジタル放送の高画質化、DVDソフトの普及などを挙げ、「従来のアナログ放送時代の画質では辛くなってきた。薄型TVの普及率はまだ10%もない」(パナソニックマーケティング本部 本部長 牛丸 俊三氏)と語った。

 なお、兵庫県尼崎市にプラズマディスプレイ生産の第3工場を建設。2006年には、すでに稼働中の第1工場、第2工場と中国の4工場で、年間480万台の生産を可能にする見通しだ。

 発表会会場には、VIERAの宣伝キャラクターの小雪さんが登場。「映画は、照明なども凝っているんです。その照明や肌の色などもきれいに再現されています」と新VIERAをアピールした。

【新・VIERAラインアップ】

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン プラズマ テレビ
(すべてオープン価格で、下記の金額は市場想定価格)

  • TH−50PX500(50V型):65万円前後
  • TH−42PX500(42V型):50万円前後
  • TH−37PX500(37V型):40万円前後

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン 液晶 テレビ
(すべてオープン価格で、下記の金額は市場想定価格)

  • TH−32LX500(32V型):35万円前後
  • TH−26LX500(26V型):30万円前後
  • TH−32LX50(32V型):30万円前後
  • TH−26LX50(26V型):25万円前後
  • TH−23LX50(23V型):20万円前後
  • TH−19LX50(19V型):16万円前後

 いずれも発売は5月1日

PX500シリーズでは、斜めから見ると色あせてしまう問題点を克服。どこから見ても色が変わらない

ダンサーを起用し、華やかなオープニングとなった

-PR-企画特集