logo

デル、SOHO・小規模オフィス向け導入トレーニング付きLinuxサーバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは、手軽なネットワーク接続型ストレージ(NAS)構築ソリューションとして、SOHO・小規模オフィス向けに、サーバー、Linux OSパッケージ、ファイルサーバー構築・運用トレーニングをセットにした「PowerEdge 800 MIRACLE LINUX搭載(導入トレーニング)付 ファイルサーバパッケージ」を発売した。構成価格例は21万9000円。

 Linuxエンジニアの指導のもと、低価格で手軽にLinuxベースのファイル・サーバーやプリンタ・サーバーが構築できるパッケージ製品で、(1)タワー型エントリーサーバー「PowerEdge 800(SATA構成)」1台、(2)企業向けサーバーで多くの実績をもつLinux OS「MIRACLE LINUX V3.0-Asianux Inside」、(3)オープンソースのファイルサーバー/プリントサーバーソフトウェア「Samba」、(4)Linuxの導入とSambaの運用トレーニング1日分――を組み合わせたもの。

 東京・汐留の「ミラクルリナックス・トレーニングセンター」で実施する導入トレーニングでは、専門のLinuxエンジニアの指導を受けながら、ユーザー自身でファイルサーバーの構築を行い、その後のサーバーの管理や運用の手法までの習得も可能。サーバー管理者に必要なスキルをポイントを絞って学べるため、Linuxに精通していないユーザーでも、短時間でファイルサーバーを構築できるようになる。

デル
「デル・プロフェッショナル・ラーニング・サービス (DPLS)」

-PR-企画特集