梅田望夫氏がはてなの取締役に就任

早津優美(CNET Japan編集部)2005年03月28日 13時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット上でウェブ日記や検索、アルバムなどのオンラインサービスを手がけるはてなは3月28日、同日付で梅田望夫氏が同社取締役に就任したことを発表した。

 梅田氏はシリコンバレー在住で、経営コンサルティングやベンチャーキャピタル経営を行っている。日本のベンチャーにこうした形でコミットするのは初めて。同氏は、2004年12月のCNET Japan誌上でブログを「自分にとっての『知的生産のための道具』」と位置づけている。

 はてなでは、「国内外における事業のより積極的な戦略的展開及び拡大を図ってまいります」とコメントしている。

 梅田氏は1960年生まれ。慶應義塾大学工学部、東京大学大学院情報科学科修士課程を経て1988年にアーサー・D・リトル入社。2000年7月には、岡本行夫氏(岡本アソシエイツ代表)らとベンチャーキャピタル「パシフィカファンド」を設立して共同代表。2002年7月、日本人一万人シリコンバレー移住計画を提唱。シリコンバレーに設立した非営利組織JTPA(Japanese Technology Professionals Association)ボードメンバーに。2003年3月31日から2004年12月まで、CNET Japanにて「梅田望夫 英語で読むITトレンド」を執筆。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加