インデックス、うぶすな製個人情報不要の情報配信サービスを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インデックス(小川善美社長)は、うぶすな(吉井靖社長)と販売代理店契約を締結し、同社の新しい情報配信サービス「amakoto」を3月25日から販売開始する。

 「amakoto」は、メールアドレスなどの個人情報の登録なしにメッセージ配信が可能なサービス。情報を受け取るユーザー側が「amakoto」専用ソフトをダウンロード、インストールすると専用サーバーを経由してユーザーにメッセージが配信される。そのため、メッセージを受け取るために個人情報を登録する必要がない。

 情報提供側は、最新情報を会員にメッセージで伝え、ユーザーがメッセージをクリックするだけで指定したホームページに誘導できるため、ピンポイントプロモーションも可能となる。また、ホームページの更新と同じタイミングでメッセージを配信できるため、大きな相乗効果が期待できる。

 このほかの特徴は、(1)表示されたメッセージや画像は一定時間で画面から削除され簡単にコピーもできないなど、二次利用が困難で著作権保護にも配慮、(2)表示期間と時間・間隔を指定してメッセージを予約し、繰り返しメッセージを表示可能。(3)少量のメッセージでも配信可能、(4)メッセージウィンドウは提供側が独自にデザイン可能―─など。

 今後、うぶすなとの協業によって、ユーザーの位置情報に基づく携帯電話へのメッセージ配信サービスなどを展開していく予定。

インデックス
うぶすな
「amakoto」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加