logo

RSAセキュリティ、Java言語用暗号化ツールキット発売

別井貴志(CNET Japan編集部)2005年03月24日 13時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティは3月24日、XML文書やSOAPメッセージのセキュリティ保護機能を実装するためのJava言語用暗号化ツールキット「RSA BSAFE Secure-WS for Java」を3月28日に発売すると発表した。

 このツールキットは、100%ピュアJavaで作られており、SOAPメッセージとXML文書に暗号化や復号、署名、検証の機能を提供する。これにより、ウェブでの企業間取引で交わされるアプリケーションやデータに署名や暗号化技術を容易に組み込めるので、情報の信頼性を高められる。

 Webサービスでは、マイクロソフトやIBM、ベリサインが共同で作成して現在は標準化団体のOASISで仕様が策定されている「WS-Security標準」におけるXMLセキュリティ技術やX.509証明書、認証技術の知識が必要になる。ツールキットでは、こうした知識や経験の少ない開発者でも短時間に開発できるように、数多くのサンプルコードと機能を提供している。

 RSA BSAFE Secure-WS for Javaの販売はRSAセキュリティが直販し、価格は、社内使用向けと組み込み製品外販向けのライセンス体系が用意されている。社内システムで利用する場合には「スターターキット」が300万円(クライアント250台とサーバ2CPU分のライセンス)となっている。このほか、クライアントとサーバ数が無制限でアプリケーションに対するライセンス「エンタープライズライセンス」、サービス提供者向けライセンス「サービスプロバイダーライセンス」、ハードウェア・ソフトウェア製品ベンダー向けライセンス「OEMライセンス」があり、実装対象製品などによって価格は異なる。

 なお、同社ではC言語用の「RSA BSAFE Secure-WS」を2003年から販売しており、今回のツールキットの発売でWebサービスのセキュリティ実装ツールとしてC言語とJava言語のラインナップが揃った。

-PR-企画特集