logo

NEC、UNIVERGEソリューションのコラボレーション機能を強化

ニューズフロント2005年03月23日 15時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは3月23日、ITとネットワークの統合ソリューション「UNIVERGEソリューション」において、コラボレーション機能を強化したバージョンの販売を開始した。また、各種通信手段を連携させるソフトウェア「StarOffice21/コミュニケーションポータル」の出荷を5月23日に開始する。

 機能強化版のUNIVERGEソリューションでは、「営業力強化」「サポート&サービス強化」「パートナー支援強化」「商品企画・開発力強化」という4種類の業務別ソリューションモデルを新たに提供する。「これにより、営業部門、顧客対応部門、パートナー企業、マーケティング部門、商品企画部門、製品技術部門の各担当者間でのコラボレーション強化を図り、より迅速な意思決定や生産性の向上などを実現させる」(同社)

 一方、StarOffice21/コミュニケーションポータルを使うと、電話、ウェブ会議、携帯電話、電子メール、ファクシミリなどの連携により、人の行動や都合、環境に合った、より効果的なコラボレーションが可能になるという。例えば、IP電話による通話の途中でウェブ会議に移行したり、外出先から携帯電話で音声会議に参加したりできる。連絡を取りたい相手の状況をリアルタイムに確認するプレゼンス機能や、StarOffice21、Lotus Notes、Microsoft Exchangeなどのグループウェアとの連携も行える。

 StarOffice21/コミュニケーションポータルの価格は430万円(50ユーザー)から。今後3年間で1000システムの販売を見込む。

NECのプレスリリース

-PR-企画特集