IIJ、迷惑メール対策として送信ドメイン認証技術の導入を開始

エースラッシュ2005年03月17日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は3月17日、迷惑メールへの対策の一環として送信ドメイン認証技術の導入を開始すると発表した。今後の予定は2005年3月末までに自社へ導入、その後2005年度中には、同社が提供している企業向けメールアウトソースサービスや、個人向けメールサービスにも順次導入されるという。

 今回導入される送信ドメイン認証は、メールを受信する際にそのメールの送信元サーバが適切であるかどうかを認証する技術だ。メールの送信側がサーバ情報や電子署名の公開鍵などをDNSで公開し、受信側のサーバがメール受信時に送信側ドメインのDNSへ認証情報を照会し、受信した情報と一致するかを検証する仕組み。認証情報や電子署名の公開鍵はDNSのTXTレコードのかたちで公開される。これにより、メールの差出人情報を詐称できるという問題を排除することが可能になる。

 また、独自ドメイン名のメールなどを利用する際に必要となるDNSサーバをIIJで用意する「IIJ DNSサービス」のユーザーが、自社に送信ドメイン認証を導入できるように、2005年2月22日より法人ユーザーサポートページ(IIJサービスオンライン)にて、TXTレコードを編集する機能拡張も行われている。

インターネットイニシアティブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加