logo

JPCERT/CC、ISDASの公開グラフにアクセス元地域グラフを追加

エースラッシュ2005年03月16日 18時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JPCRETコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、インターネット定点観測システム(ISDAS)の公開グラフの種類を増やすと発表した。

 JPCERT/CCは2003年11月から、インターネット全体のセキュリティ向上と保全のためのデータとして、インターネット上に設置した複数のセンサーから得られる情報を解析し、公開するインターネット定点観測システムを稼動させている。グラフは、従来はアクセス先ポートのみだったが、アクセス元地域別グラフが追加された。

 開始当初は週1回の情報更新だったが、現在では更新速度は1時間に1回となり、データのCSV提供なども行っている。今回のグラフ種類追加も、機能拡張の一環だという。JPCERT/CCでは今後も更なる提供情報の品質向上について、検討および準備中だとしている。

JPCERT コーディネーションセンター

-PR-企画特集