logo

ミロク・ユニソフト、中小企業向け会計パッケージソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミロク情報サービス(MJS、是枝伸彦社長)グループであるミロク・ユニソフト(MUS、三木正志社長)は、法人向けの財務会計ソフト「ミロク法人会計プロフェッショナル」を3月18日に発売する。価格は6万3000円。12か月の無償サポート(3万1500円相当)がつく。初年度5000本の販売を目指す。

 同社は、仕訳を意識せず誰にでもかんたんに利用できる会計パッケージソフト「ミロクのかんたん!会計」を、経理初心者や個人事業者を中心に提供している。今回の「ミロク法人会計プロフェッショナル」は、その上位版として、主に中小規模の企業の経理担当者に必要とされる、より高度な機能を盛り込んだ法人向けの会計ソフトとして発売する。

 キャッシュフロー計算や損益分岐点分析、予算実績比較管理、部門管理といった今日企業経営に求められる管理会計を行うデータを容易に作成、参照することができる。また、伝票入力の際に科目コード、科目名称のどちらでも入力が可能で、同じ仕訳を入力することが多い仕訳帳の入力も、リピート機能によってスピーディに行えるため、経理担当者の負担を軽減できる。さらに、注目したい勘定科目に対しては、色付けを行うことができるハイライト機能を搭載し、視覚的な使いやすさにも配慮した。

 四半期・半期決算に対応し、部門管理を実施する際の部門の設定は無制限で設定できる。例えば、統括営業本部、東京営業部、法人営業グループといった部門の階層を5段階まで自由に設定したり、部門への配賦率も自由に設定できるなど、あらゆる企業の業態やニーズに対応する。

 今後、同社では、「かんたん!シリーズ」ではカバーできなかった新たな顧客層を取り込むとともに、親会社であるMJSとの製品データ連携を進め、さらなる顧客開拓を目指す。

ミロク・ユニソフト
ミロク情報サービス

-PR-企画特集