logo

日本アビオニクス、USBメモリで遠隔会議が行えるソフトウェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アビオニクス(柴 宏社長)は、遠隔地とのリアルタイムなコラボレーションを実現する「データ・コラボレーションシステム CollaboMate」シリーズのラインアップに、新たにTDK(澤部 肇社長)との共同開発によるUSBメモリ型パソコン会議ソフト「USBcollabo-20V」を追加し、3月31日に発売する。価格は19万8000円(税別)。初年度1000本の販売を目指す。

 「USBcollabo-20V」は、「データ・コラボレーションシステム CollaboMate」シリーズのユーザーからとくに要望の高かった“声の一体化”や“MCU(多地点接続機構)なしでの多地点接続”を実現した製品。

 同社の「CollaboMate」の映像通信技術と、TDKの「WonderStream」の音声・動画のストリーミング技術を融合するとともに、音声・動画・資料による遠隔会議を20拠点同時に行えるソフトウェアをUSBメモリに搭載した。

 また、“いつでも、どこでも、だれにでも使用できる”をコンセプトに、初心者でも簡単に利用できるよう、パソコンにUSBメモリを差し込むだけでソフトウェアを自動インストール(初回のみ)、自動起動する「オートラン」機能や、分かりやすいボタン形式のユーザーインターフェイスを用意した。

 このほかの特徴は、(1)音声はCD並みの高音質(サンプリングレート 44KHz)、動画の解像度はQCIF、表示は最大XGAまで拡大可能、(2)さまざまな資料をJPEG形式に変換して共有、ホワイトボード機能も装備した「資料共有機能」、(3)共有した資料やホワイトボードに手書き入力や、強調部分にアンダーラインを引く「マーカ」機能、キーボード入力も可能な「書込み機能」、(4)プレゼンターの交代、途中入室・退出や、他拠点がプレゼンテーション中に資料の準備を行える「会議運営機能」、(5)使用したすべての資料・ホワイトボードを書き込んだデータとともにすべての参加拠点で保存し、保存したくないデータを削除する「議事録保存」─―など。

日本アビオニクス
TDK
「USBcollabo-20V」

-PR-企画特集