日本IBM、メインフレーム向けハードディスク自動切り替え装置を提供開始

ニューズフロント2005年03月09日 14時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは3月9日、メインフレーム向けハードディスク(HDD)無停止化装置GDPS/PPRC HyperSwap Managerの提供を開始した。

 同装置は、HDDの障害を検知して正常なHDDへの切り替えを自動的に行うことで、システムを止めずに処理を継続させる。複数のHDD筐体間でミラーリングを行うため、筐体全体におよぶ障害が発生した場合でも、アプリケーションを停止することなくバックアップHDDへの切り替えが可能。システムボリュームを含む全データに対するアクセスを無停止化でき、Linuxにも対応している。

 同社は、同装置に加え、導入の計画や実施、テスト、研修といったサービスも合わせて提供する。価格は個別見積もりだが、サーバやHDDなどのハードウェアをすでに所有している顧客は、約2500万円で導入できる。

日本IBMのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加