フルブラウザの対応端末が拡大--専用アプリ不要の「jigブラウザWEB」

永井美智子(CNET Japan編集部)2005年03月04日 19時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話用アプリケーションの開発・販売を行うjig.jpは3月4日、専用アプリケーションをインストールすることなく、携帯電話機からPC用ウェブサイトを見られるサービス「jigブラウザWEB」を開始したと発表した。NTTドコモ、KDDIのau、ボーダフォンの3キャリアに対応する。

 これまで携帯電話機からPCサイトを見るためには、専用端末を購入するか、専用のアプリケーション(フルブラウザ)をインストールする必要があった。専用端末としてはOperaを搭載したauのW21CAがある。また、フルブラウザのアプリケーションとしてはjig.jpの「jigブラウザ」や、プログラマーズファクトリの「Scope」などがある。なお、jig.jpによれば、jigブラウザの課金ユーザー数は1月31日に1万人を突破したという。

jigブラウザWEBの画面イメージ

 jigブラウザWEBは、携帯端末に標準搭載されているブラウザを利用してPCサイトを閲覧する。利用者はまず、jigブラウザWEBにアクセスし、ログインを行う。それぞれのPCサイトのページはjig.jpのサーバを経由することで圧縮され、携帯電話用に適したHTMLに変換される。また、大きなページは端末に合わせて分割表示される。

 利用料金は月額525円、年間契約の場合は3000円(いずれも税込)で、閲覧ページに制限はない。ただし通信料は別途必要となるため、同社では定額制の利用を推奨している。jigブラウザWEBはjigブラウザの半額となっているが、この点について同社取締役の岸周平氏は「jigブラウザの場合、PCサイトをそのまま表示できる縮小ビューなどの機能がある。また、NTTドコモのFOMA900i/901iシリーズおよびau向けのjigブラウザはRSSにも対応している。jigブラウザWEBはjigブラウザを利用できない端末を使っている人や、アプリの使い方に慣れていない初心者の方に使って欲しい」と話している。

 対応端末はNTTドコモのFOMA2002/2051/2101/2102/2701/901i/900i/700iシリーズ、mova506i/505i/253iシリーズ、premini-II、KDDIのWIN3x/2x/1x、talby、PENCK、ボーダフォンの902/802/702シリーズ(702MO/702sMOを除く)、V8シリーズとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加