日本IBM、SAP製ERPシステムの導入支援総合サービスを提供

ニューズフロント2005年03月03日 14時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは3月3日、SAPジャパンのERPシステム導入プログラム「mySAP All-in-One」に対応する総合サービス「MAXパッケージ」の販売を開始した。提供にあたり、SAPジャパンおよびSAP認定パートナー企業9社が協業する。

 SAPジャパンでは、企業がERPシステムの導入を容易に行えるよう、業種と企業規模別の総額価格モデルを用いるmySAP All-in-Oneを提供している。MAXパッケージでは、mySAP All-in-Oneの業種別ひな型を利用し、適用範囲やユーザー数を限定することで、「最低5000万円から平均価格が約1億円という低価格で定額の導入を、短期間で実現する」(日本IBM)。

 コンサルテーションとカスタマイズは、SAP認定パートナー企業が行い、導入作業やインフラなどの技術サポートを日本IBMが担当する。さらに、日本IBMは、システム導入後の技術サポートやシステム運用を請け負う月額制サービス「SAPホスティングサービス」も用意している。

 協業するパートナー企業9社は以下の通り。

  • 住商情報システム
  • NTTデータサイエンス
  • 三菱電機インフォメーションシステムズ
  • ユアソフト
  • テクノスジャパン
  • クレスコ・イー・ソリューション
  • コベルコシステム
  • 住生コンピューターサービス
  • アイ・ピー・エス

日本IBMのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加