logo

クアルコムとオープンウェーブ、WCDMAの普及を目指し提携

エースラッシュ2005年02月16日 22時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クアルコムとオープンウェーブ・システムズ(以下オープンウェーブ)は、第3世代WCDMA(UMTS)携帯電話機の普及をさらに促進するためのライセンス契約を締結したと発表した。

 具体的な動きとして、クアルコムのQUALCOMM Mobile Station Modem(MSM)チップセットにオープンウェーブのモバイルブラウザとメッセージングソフトウェアを移植する。これにより、クアルコムのLaunchpadスイート機能に基づく携帯電話ソリューションの実現へ向けて協力する。

 クアルコムのBREWソリューションに直接ソフトウェアを統合することで、設計期間やコストの削減が実現できるほか、エンドユーザーの使い勝手も向上するとしている。このソリューションはクアルコムのMSM6250チップセットとともに提供開始される予定だ。

クアルコム
オープンウェーブ・システムズ

-PR-企画特集