GMOグループ各社、「日本語.jp」の無料登録キャンペーンを実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMO・グローバルメディアオンライン(GMO)、GMOホスティングアンドテクノロジーズ(GMO H&T)、ヒューメイアレジストリ、paperboy&co.の4社は、日本語の漢字やかなを利用した汎用JPドメイン(“.jp”ドメイン)「日本語.jp」の無料登録キャンペーンを、2月下旬までの期間限定で実施する。

 GMOは、1999年4月に、ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)によりアジア初の商用ドメイン登録機関(レジストラ)に選出され、同年9月に現「お名前.com」の前身となるサービスを開始した。以来、GMOグループ各社は、国内におけるドメイン登録のリーディングカンパニーとして各種ドメインの普及に注力しており、01年に開始した「日本語.jp」登録サービスも着実に登録数を伸ばしている。

 また、04年からは、グループのアクセスポート社のプラグインソフトウェア「JWord」を「日本語.jp」に対応させることで、標準では「日本語.jp」に対応していないブラウザ「Interenet Explorer」に機能を付加。現在、2000万を超えるプラグイン利用者に普及している。

 「日本語.jp」は、“.jp”ドメインのなかでも、「.jp」の前に漢字やかななど日本語の文字列が使用できるため、個人名や商品・サービスの名前をアルファベットに置き換えることなく、そのままドメイン名としてブラウザのアドレス欄に入力し、ホームページを閲覧できるようになる。これによって、閲覧する側の利便性や、ホームページ運営側のブランド認知度の大幅な向上が期待できる。

グローバルメディアオンライン
GMOホスティングアンドテクノロジーズ
ヒューメイアレジストリ
paperboy&co.
「お名前.com」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加