logo

松下と損保ジャパン、法人向けトータルセキュリティ事業を共同展開

エースラッシュ2004年12月10日 17時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業と損保ジャパンは12月10日、法人向けトータルセキュリティ事業の共同推進に合意したと発表した。これは、企業のリスクマネジメントとしてコンサルティングを行い、火災や不審者の侵入などハード面の対策、個人情報漏えい対策も含めた総合的なソリューションを提供するものだ。

 今回の協業により、両社のサービスを組み合わせてユーザー企業に対して総合的なセキュリティ関連コンサルティングを提供する。松下電器グループでは物理セキュリティ系として映像監視/画像処理/虹彩認証/入退出管理/ビル設備/防犯・防災センサなどを、情報セキュリティ系として暗号化/アクセス制御/侵入検知/ウイルス対策/認証などの各種システムを提供する。

 一方の損保ジャパンでは、個人情報取扱事業者保険/火災保険/動産総合保険等の保険商品、その他既存の各種損害保険に関する見直し提案を行うという。また、損保ジャパンの関連会社である損保ジャパン・リスクマネジメントからは、防災調査やリスクサーベイなどが提供される。

 両社では、顧客側のメリットとして、所有物件に潜在するリスクを総合的に把握できることや、そのリスクに対するヘッジ策(セキュリティシステム、損害保険等)を具体的に検討できることなどを挙げている。

松下電器産業
損保ジャパン

-PR-企画特集