ビートラステッド、PKIアプリ基盤Betrusted Security Serverを提供開始

ニューズフロント2004年11月29日 14時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビートラステッド・ジャパンは11月29日、オールインワンのPKIプラットフォームBetrusted Security Serverの提供を開始した。同プラットフォームを使用すると、PKIアプリケーションを容易に開発し、効率的に運用/管理できるという。税別価格は720万円から。

 Betrusted Security Serverで開発したPKIアプリケーションは、PKI処理をアプリケーション内で実行せず、ネットワーク経由で同プラットフォームのサーバであるSecurity Serverに依頼する。Security Serverが暗号処理を代行するため、各PKIアプリケーションに暗号処理用コードを組み込む必要がない。その結果、「PKIアプリケーションの開発負荷を大幅に削減でき、迅速な展開が可能となる」(同社)

 さらに、PKI処理を実現するPKIビジネスロジックはSecurity Server上に集約して動作させるので、暗号処理ライブラリのメンテナンスをアプリケーションごとに行う手間も省ける。

 Security Server上のPKIビジネスロジックは、暗号化/復号化、電子署名の付加/検証、OCSPレスポンダリクエスタなどの処理を行うソフトウェア部品である。各部品をカスタマイズしたり、独自開発の部品を組み込んだりできるほか、複数の既存部品を組み合わせて新しい機能を作ることもできる。

ビートラステッド・ジャパンのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加