logo

ジー・サーチ、データベース保護用の暗号化ミドルウェアを発売

ニューズフロント2004年11月17日 16時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジー・サーチは11月17日、機密性の高いデータベースを保護する暗号化ミドルウェアeCipherGateの販売を同日より行うと発表した。

 eCipherGateはOracle、IBM DB2、PostgreSQL、Microsoft SQL Server/Accessといったデータベースソフトウェアに対応しており、データベース内の情報を全体または一部を暗号化することで、情報が不正流出後に利用されることを防ぐ。情報へのアクセス権も細かく設定でき、利用者の資格に応じた制限が可能となる。

 高速な暗号化処理が特徴で、米国政府の標準暗号方式であるAESに比べて数倍高速という。「ミドルウェアとして暗号化と復号化を行うので、既存の業務アプリケーションを大きく変更する必要がなく、ユーザーが暗号化システムを独自開発するより低いコストで導入できる」(同社)

 ライセンス価格と年間保守費用は、データベースを運用するサーバのプロセッサ数によって異なり、以下の通り。

 【1〜2個】

  • ライセンス価格:250万円
  • 年間保守費用:48万円

 【3〜4個】

  • ライセンス価格:600万円
  • 年間保守費用:96万円

 【5〜8個】

  • ライセンス価格:1200万円
  • 年間保守費用:192万円

 【9〜12個】

  • ライセンス価格:1800万円
  • 年間保守費用:288万円

 【13〜24個】

  • ライセンス価格:3600万円
  • 年間保守費用:576万円

 同社は、2004年度に2億円、2005年度に5億円の販売を目指す。

ジー・サーチのプレスリリース

-PR-企画特集