トレンドマイクロとNTT Com、IPv6移行に向けた実証実験を共同実施

ニューズフロント2004年11月12日 15時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、2004年11月15日から2005年3月31日にかけて、IPv6移行に関する実証実験を共同で行う。両社が11月12日に明らかにしたもの。同実験は、総務省が2003年度からの3カ年計画で実施している活動の一環。商用サービスに向けた各種情報の収集を目的とする。

 両社はNTT Comの大手町データセンター(東京都千代田区)内に実験環境を構築し、適用対象をクライアント環境とサーバ環境に広げてウイルス対策製品の実証実験を行う。多様なインターネット利用環境でIPv6移行を実証するため、IPv6の普及が想定されるセグメントとして、ISP/アクセス(無線LANアクセスを含む)、自治体、大企業、中小事業所、家庭の5環境を取り上げる。そのうえで、実際のネットワーク環境に沿って、セグメント内、セグメント間で発生するウェブページアクセスやファイルサーバ入出力時の通信を検証する。

 「今回の実験が成功することにより、インターネットのIPv6移行において懸念事項とされていた多様な環境でのウイルス対策が、トレンドマイクロ製品にて実現可能となる」(両社)

 なお、両社は2003年に、IPv6対応セキュリティソリューションの提供実現に向け、ゲートウェイ環境におけるウイルス検出/不正アクセス検知の実験を成功させている。

トレンドマイクロのプレスリリース
NTTコミュニケーションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加