logo

リビングルームの特等席を目指すデル - (page 2)

John G. Spooner(CNET News.com)2004年10月28日 12時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dellの家電分野における戦略は以下の通り:

携帯電話、ノートPC、その他の電子機器

 同社幹部によると、Dellがスマートフォンを発売することは理に適っているかもしれないが、同社には当面製品を投入する計画はないという。現時点でこの市場が充分な規模に成長していないこと、またソフトウェアの標準も存在していないこと、さらには複数の通信事業者が利用できるような製品を開発するには品質の確保が必要だが、これを実現する作業にはかなりの混乱が予想されることなどを、この幹部は指摘している。

 「われわれはこの分野を特に注視している」とDellのJohn Medica(デスクトップ製品グループ、ゼネラルマネージャ)は語ったが、さらに「われわれはもっと大物をねらっている」とも付け加えた。

 「この分野には大きなチャンスがあると思う」というのは、同社のAlex Gruzen(ノートブック製品グループ、ゼネラルマネージャ)。「われわれにとっての機会は、各種の技術が成熟し、ネットワークの普及が進み、エンドユーザーの需要が生まれ、さらに彼らの製品に対する知識が成熟するに従って、大きくなっていくものだ。われわれにとっては、他社に先駆けて新たな市場に製品を投入しても、良い点など1つもない」(Gruzen)

 DellではDVDプレイヤーのような家電製品を出す計画もない。こうした薄利多売の家電製品分野では、利益を生み出すチャンスがほとんどないためだとGeorgeは説明する。

 「われわれは、DVDプレイヤーのような低価格のスタンドアロン製品には興味がない」(George)

 その代わりとして、同社は引き続きMedia Center OS搭載PCや携帯端末のAxim、携帯音楽プレイヤーのDell DJなどの製品に力を入れていく。同社は先ごろMedia Center搭載デスクトップ製品の新モデルを投入した。またAxim X50をリリースし、 Dell DJにも新たに2つのモデルを追加したが、このうちPocket DJ 5という製品はトランプ1式と同じくらいの大きさで5Gバイトのハードディスクを搭載し、199ドルで販売されている。

テレビ

 Dellは先ごろ、42インチのプラズマテレビ製品に2つのモデルを追加する計画を発表した。また今後、あと数種類のテレビも追加していく可能性が高い、と複数の幹部が述べている。11月に42インチモデルの出荷開始を目指す同社は、最初から低価格路線を選択した。HDTV対応のモデルは3499ドルで販売されるが、Dellでは比較的こなれた価格が同製品への需要を押し上げるのに役立つと考えている。

 だが、Rollinsはこれまで通りテレビ製品に対してそれほど期待しておらず、価格がさらに低下するまではこの姿勢を変えそうもない。

 「テレビ製品の売れ行きはいずれはっきりするだろう。この市場での成功の鍵は、どれだけ多くの製品を揃えられるかではない。むしろ、42インチのプラズマテレビの場合なら、それを1000ドル以下で出せるかと考えることが大事だと思う。OEMメーカーがこれを実現するには、規模も量も、そして時間も必要だというのが私の考えだ」(Rollins)

 Dellのテレビを購入するのは主に消費者かもしれないが、しかし同社は法人顧客のなかにも潜在需要があるという。数多くのホテルや金融機関、レストランチェーン、さらいは小売点なども同社のテレビに興味を示している例があると、同社のSteve Felice(法人ビジネスグループ、ゼネラルマネージャ)は述べている。

 「大規模なチェーン展開を行う法人には、大量のテレビを販売できる可能性がある。たとえば、McDonald'sのような企業の潜在力を考えてみよう。同社は数万件の店舗を展開している。だから潜在的に膨大な需要があるといえる」(Felice)  

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]