logo

ロジクール、手が疲れにくい薄型コードレスキーボード&マウス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジクールは、薄型で疲れにくいゼロ・ディグリー・ティルトデザインを採用したコードレスキーボードと、チルトホイール プラス ズーム搭載のマウスをセットにした「Cordless Desktop LX500」(LX-500)を発売した。

 今回パッケージ化されたのは、コードレスのマウスとキーボードだ。マウスは、上下だけでなく左右にもスクロールできる三次元スクロールホイール機能「チルトホイール プラス ズーム」を搭載したタイプ。ホイールボタンを左右に傾けることで、文書ファイルなどを左右にスクロールさせられる。

Cordless Desktop LX500
キーボードには手首への負担を軽減する薄型構造を採用した

 キーボードは真横から見たときに上部に配されたコントロールボタン以外の凹凸がほとんど見えない、フラットで薄型なスタイル。これは手首への負担軽減を考慮したもので、ゼロ・ディグリー・ティルトデザインと呼ばれる。手首の伸張度を抑えることで、長時間使用時でも疲れにくい構造になっている。

 メディアファイルを効率よく扱えるソフトウェア「MediaLife」が付属し、同時に各種作業を効率的に行えるコントロールボタンをキーボードに配置し、利用者の負担軽減と作業の効率化が図られている。販売価格は同社オンラインストアで9980円、色はアーティックブルーとブラックの組み合わせとなっている。

ロジテック

-PR-企画特集