logo

CEATEC開催に意欲、中村会長「メーカーの総力を挙げて世界に発信」と強調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ、中村邦夫会長=松下電器産業社長)と電子情報技術産業協会(JEITA、安藤国威会長=ソニー社長兼グループCOO)、日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA、淺田隆治会長=ウッドランド会長)は10月4日、「CEATEC JAPAN2004」の開催に先立ち、都内で記者会見を開いた。会見には、CEATEC実施協議会の中村邦夫会長(=松下電器産業社長)が出席し、「CEATECではメーカー各社が技術を駆使した製品を展示し、総力を挙げて世界に発信する」と強調した。

 中村会長は、「消費者を取り巻くIT環境は、ハードウェアとソフトウェアともに日進月歩で変化を遂げている」と言及。「携帯電話やカーナビゲーション、PDA(携帯情報端末)などを通じてユビキタス社会が実現しつつある。こうした流れをCEATECでアピールしていく」と述べた。

 「CEATEC JAPAN2004」は5日から9日までの5日間、千葉市美浜区の幕張メッセで開催する。出展企業および団体が728(昨年は667)、小間数が2754(同2522)と前回を上回る規模になった。来場者数に関しては開催期間を通じて昨年実績の19万1000人以上を見込む。

情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)
電子情報技術産業協会(JEITA)
日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA)

-PR-企画特集