logo

ドコモからムーバ新端末4機種、premini後継機種も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは、PDC端末「ムーバ」の2004年下半期発売予定機種を発表した。追加予定となっているのは、4機種10色。素材や大きさにバリエーションをつけた端末を順次展開していく予定としている。

 発売予定として名前があがったのは「premini‐S」「prosolid」「Music PORTER」「Lechiffon」の4機種だ。このうち「premini‐S」は、斬新な小型端末として話題になった「premini」の後継機で、筐体やボタン部に曲線を用いることで従来機よりもやわらかい触感操作を実現している。

 「prosolid」は、新機種の中では最もオーソドックスな二つ折りスタイルだが、素材にアルミニウムとマグネシウムを採用することで、厚さ16.7ミリとドコモの折りたたみ端末の中で最薄機種となっている。「Music PORTER」は名前のとおりポータブルオーディオプレイヤーを意識した正方形に近いデザイン。メモリースティックDuoに保存した音楽ファイルを再生でき、FMチューナーも搭載している。

 「Lechiffon」は、合成皮革を外装カバーに利用している。カメラチャームなどをカラーにあわせたデザインにするなど、カラーリングごとのコーディネイトも行われる。

 今回発表の端末は、従来の標準的な端末につけられる数字による型番ではなく、個別の名前がつけられている。カラーリングだけではなく、素材や根本的なフォルムから従来機とは違った端末で、最近流行のデザイン重視端末の市場に近づいた。

NTTドコモ

-PR-企画特集