logo

フォトレポート:スペースシップワン、大空に羽ばたく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カリフォルニア州モハベ発--米国時間9月29日に、 Mojave Aerospace Venturesの開発した「SpaceShipOne」は、民間機としては初めて宇宙飛行--高度100kmを超える付近まで到達することに成功した。飛行後パイロットのMichael Melvillは、大勢の見物人に「楽しかった。エンジンも飛行機も、夢のように動いていた」と語った。


モハベ宇宙飛行場の滑走路でフライトを待つScaled Compositesのジェット機「White Knight」。機体下側に下がっているのが今回宇宙を飛んだSpaceShipOne(撮影:Jim Hu)

SpaceShipOneを操縦した、パイロットのMike Melvill。地上から62マイルの付近で機体が想定外の回転をはじめたが、無事乗り切って思わずガッツポーズ(撮影:Jim Hu)

飛行を終えて着陸態勢にはいるSpaceShipOne(写真提供:Mojave Aerospace Ventures )

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集