日本HP、直販サイトを顧客セグメント別構成にリニューアル

ニューズフロント2004年08月20日 15時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は8月20日、オンライン直販サイトHP Directplusオンラインストアを刷新し、顧客の規模に合わせたサイト分割を行うと発表した。新サイトは8月23日に公開する。

 同社は、顧客の規模を、500名以上の法人(エンタープライズ)、500名未満の法人(中小企業)、個人(コンシューマー)という3つのセグメントに分ける。それぞれに適した製品を提供し、製品の選択/購入をしやすくするため、同サイトに各セグメント用の入り口を新設する。「サイト刷新により、顧客の規模に応じた販売サイトで最適な製品ラインアップ提示が可能となり、顧客はニーズに合った製品を効率よく容易に選択できる」(同社)

 また、同社は同日、オンライン販売専用のノートPC「HP Compaq Business Notebook nx9030/CTシリーズ」についても明らかにした。自由にカスタマイズ可能なCTOモデルとすることで、A4ノートPCの製品系列を同シリーズに集約する。

 税込み価格は、Celeron M搭載モデルが7万9800円から、Pentium M搭載モデルが9万9750円から。出荷開始は8月23日。顧客セグメント別に推奨モデルも提示する。

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加