CA、機密情報流出を監視できるeTrust Secure Content Managerを日本市場に投入

ニューズフロント2004年06月25日 02時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータ・アソシエイツ(CA)は6月24日、インターネット経由の脅威に対抗する統合コンテンツセキュリティ製品「eTrust Secure Content Manager v1.1日本語版(eTrust SCM)」を発表した。電子メール/URLフィルタリング、悪意あるプログラムの防御、迷惑メール/ウイルス対策などを単一の製品で包括的に実現できるという。

 同社はeTrust SCMとして、ゲートウェイでコンテンツセキュリティを実現する「eTrust Secure Content Manager Gateway v1.1日本語版」と、サーバ/グループウェアのウイルス対策製品も含めた統合コンテンツセキュリティを実現する「eTrust Secure Content Manager Suite v1.1日本語版」という2種類の製品を用意する。「現在市場にある製品を用途別に複数購入する場合に比べ、価格は3分の2から2分の1程度で済む」(同社)

 同製品は、監視ルールで定義した条件に合致する内容が含まれる電子メールの送信が行われていないかどうかを検査し、重要情報の流出を防ぐことが可能。

 対応OSは、Windows Server 2003 Standard Edition、Windows XP Professional SP1、Windows 2000 SP4などのWindowsプラットフォーム。出荷開始は8月末の予定。税別価格は、eTrust SCM Gatewayが10万6000円(20ライセンス)から、eTrust SCM Suiteが16万6000円(20ライセンス)から。

 また、同社はeTrust SCMの国内市場投入に伴い、アンチウイルスソフトウェア「eTrust Antivirus 7.1 日本語版」と侵入検出ソフトウェア「eTrust Intrusion Detection 3.0 SP1 日本語版」の提供も開始する。税別価格はeTrust Antivirusが8万8000円(20ライセンス)から、eTrust Intrusion Detectionが39万円(125セッション)から。いずれも出荷開始は8月末。

コンピュータ・アソシエイツのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加