logo

富士通、90nm版SPARC64 V搭載Unixサーバを発表

ニューズフロント2004年06月22日 15時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月22日、UnixサーバPRIMEPOERの新製品として、90nmプロセス版SPARC64 V(動作周波数1.89GHz)を搭載する5モデルを発表した。「Unixサーバで90nmプロセス対応プロセッサを搭載するのは世界初」(同社)

 PRIMEPOERの新しい5モデルは、Javaによるビジネスアプリケーション向けベンチマークテストであるSPECjbb200や、マルチプロセッサ構成システム向けのSPECint_rate2000など、さまざまなベンチマークテストで世界最高性能を出している。

 SPARC64 Vは、精度の高いエラー検出、ECCおよび命令リトライ機能によるエラー訂正など、信頼性/可用性/保守性(RAS)機能をプロセッサ自体が持っている。システムとしては、電源ユニットやシステムボードなどの主要ユニットを二重化し、活性交換対応としたことで、「365日24時間のシステム運用も可能な信頼性と可用性を実現した」(同社)。

 5モデルの構成、税別価格、出荷開始時期は以下の通り。

 【PRIMEPOWER 2500】

  • 構成:SPARC64 V(8個)、メモリ(8Gバイト)、HDD(36Gバイト1個)
  • 価格:1億5325万円より
  • 出荷開始時期:11月初旬

 【PRIMEPOWER 1500】

  • 構成:SPARC64 V(4個)、メモリ(4Gバイト)、HDD(36Gバイト1個)
  • 価格:4797万円より
  • 出荷開始時期:9月初旬

 【PRIMEPOWER 900】

  • 構成:SPARC64 V(4個)、メモリ(4Gバイト)、HDD(36Gバイト1個)
  • 価格:3737万円より
  • 出荷開始時期:9月初旬

 【PRIMEPOWER 850】

  • 構成:SPARC64 V(4個)、メモリ(2Gバイト)、HDD(36Gバイト1個)
  • 価格:2919万円より
  • 出荷開始時期:8月初旬

 【PRIMEPOWER 650】

  • 構成:SPARC64 V(2個)、メモリ(4Gバイト)、HDD(36Gバイト2個)
  • 価格:1116万円より
  • 出荷開始時期:8月初旬

富士通

-PR-企画特集