日本ラドウェア、中小規模事業者向けに69万円の普及型負荷分散装置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ラドウェア(公家尊裕社長)は5月24日、データセンターなど大規模事業者向けの負荷分散装置「LinkProofシリーズ」に加え、69万円の負荷分散装置「UpLink」を中小規模事業者向けに販売開始した。

 「UpLink」は、専用線、光ファイバー、xDSLなどの回線を、負荷状況や稼動状況に応じて、ダイナミックにロードバランスさせる負荷分散装置。通常、ISP回線の負荷分散装置を設定する場合は高度な技術が要求されるが、新製品ではブラウザから容易にセットアップが可能。

 69万円というエントリー価格ながら、「UpLink」2台による冗長化構成もサポートしており、さらにアプリケーションのサービスレベルを確保するための帯域制御機能も搭載する。上位機種である「LinkProofシリーズ」に比べ機能は限定されるものの、本格的なマルチホーミング環境を構築することができる。

 なお、ラドウェア製品に共通する特徴は、

  1. 専用OSを使った強固なセキュリティ
  2. スイッチベースのハードウェアによる耐久性
  3. 用途別専用設計システムによる高い信頼性
  4. SynAppsモジュール(超高速なDOSアタック防御、リアルタイム侵入防御、帯域制御)

――の4点。

日本ラドウェア
「UpLink」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加