NECなど3社、業務アプリ統合基盤「GdFrame」を発売

ニューズフロント2004年05月24日 14時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEC、九州日本電気ソフトウェア、NECネクサソリューションズの3社は5月24日、企業内の業務アプリケーションを統合的に管理するための共通業務基盤システムGdFrameの販売を同日開始すると発表した。

 GdFrameは、NECが社内用基盤システムとして2002年4月から使用しているGAUSSをベースに製品化したシステム。さまざまな業務に対応可能なデータベース基盤と、アプリケーション開発用のシステム開発環境という2種類のコンポーネントで構成されている。

 データベース基盤を使うと、業務アプリケーションの生成データを統一フォーマットで一元管理することが可能となり、「データベース内の必要なテーブル数を従来に比べ半減できる」(3社)。また、同システムのシステム開発環境にはデータベース用のアクセス処理ツールやアプリケーション部品が含まれており、これらを利用することで開発期間を最大約3分の1に短縮できるという。

 データ入力はウェブブラウザやマイクロソフトのAccessで行えるので、ユーザー環境に合わせた端末が使える。現在用意されている.NET Framework用APIに加え、Javaなどへの対応も予定している。

NEC
九州日本電気ソフトウェア
NECネクサソリューションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加