logo

KCCS、組織変更に先立って準備可能なアカウント管理ソリューションを発売

ニューズフロント2004年05月17日 14時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は5月17日、ITシステム用の総合アカウント管理ソリューションGreenOffice Directoryの販売を同日開始すると発表した。同ソリューションには、一般的なアカウント管理機能のほか、組織変更や人事異動に先立ってアカウントやアクセス権の変更を準備しておく機能がある。

 管理者権限を委譲/分割できるので、数万人規模の組織でアカウントを一元管理することが可能。組織、役職、役割などを組み合わせたルール設定により、柔軟かつ実践的なセキュリティポリシーの構築/適用が行えるという。アカウントおよびアクセス権の変更を事前に準備しておけるので、「(組織変更や人事異動時に集中しがちな)システム管理者の負担を大幅に削減できる」(同社)。

 他システムとの連携するためのAPIや、汎用のインポート/エクスポートインターフェースが用意されており、ワークスアプリケーションズのCompany、NovellのeDirectory、IBMのNotes/Domino、EntrustのgetAccessなどと接続し、アカウント管理が行える。

 サーバの対応OSは、Red Hat Linux7.2とRed Hat Enterprise Linux AS(Version 2.1)。対応ウェブアプリケーションサーバはIBM WebSphere4.0.4。クライアントはWindows XP ProfessionalまたはWindows 2000 Professional上で動作する。

 ライセンスの税込み価格は420万円(500ユーザー)から。

京セラコミュニケーションシステムのプレスリリース

-PR-企画特集