スパコンネットワークに攻撃者が侵入--LinuxとSolarisを狙った意図的犯行か

Robert Lemos (CNET News.com)2004年04月14日 12時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スタンフォード大学は、同大学や他の学術研究機関の高速ネットワークに接続する、LinuxやSolarisを搭載した数多くのマシンが、何者かの手でハッキングされていたとする勧告を発表した。

 米国時間6日にスタンフォード大学のInformation Technology Systems and Services(ITSS)グループが発表した勧告によると、同グループは現在この攻撃について調査を続けているが、最も新しいところでは4月3日に不正侵入が行われた明らかな形跡があるという。

 「スタンフォード大学や数多くの研究機関、さらに全米各地にあるハイパフォーマンスコンピューティングセンターを狙った、LinuxおよびSolaris搭載マシンへの高度な攻撃があった。犯人は学術利用を目的とする高性能なコンピューティング環境を意図的に狙っており、無差別に攻撃を仕掛けているわけではなさそうだ」(同勧告)

 スタンフォード大学のセキュリティチームはコメントを控えている。また同大学の最高情報セキュリティ責任者(CISO)にも連絡はつかず、コメントを得られなかった。

 この勧告には、4月3日の攻撃が一例として記載されているだけで、最初の攻撃がいつだったのかは分からない。攻撃者は、まず一般的なパスワードクラッキングツールを使って一台のマシンにログインし、その先はソフトウェアの脆弱性を突いてネットワークの奥深くまで侵入したという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加