logo

三洋電機、ロボットのレンタル事業に本格参入、第一弾は恐竜型ロボット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は4月5日、ユーティリティロボット「番竜」の新型「HRS-Q11」を独自に開発し、ロボットのレンタル事業に本格参入すると発表した。イベント会場での集客・案内などの用途に4月9日からレンタルを開始する。レンタル価格例(税込)は、1日レンタルの場合23万9400円/日、30日レンタルの場合1万8830円/日。

 新型ロボットは、昨年4月からテムザックと三洋電機が共同開発し、テムザックが限定販売している4足歩行型ユーティリティロボット「番竜」の機能を大幅に向上したもので、デザインを一新し、新モデルとして開発した。色はオレンジとブルーの2色を用意した。

 人とロボットが自然に会話できるよう音声認識、音声合成機能を内蔵しており、「接客」、「挨拶」、「お楽しみ」などのモードによって、楽しい触れ合いができるロボットとなっている。クイズや占いも可能。

 また、ロボットと人との位置関係によって、動作種類や会話の設定・変更ができるなど、より親和性の高い仕様とした。目や背中には、LED表示を搭載している。

 このほかの特徴は、

  1. 新規開発の脚部機構、リアルタイムOSと歩行制御によって、スムーズな歩行を実現
  2. 集客、宣伝広告用途を考慮した、より恐竜らしいデザインを採用
  3. 携帯電話(FOMA)およびPDA(無線LAN)から遠隔操作可能

――など。

三洋電機
テムザック

-PR-企画特集