logo

フォトレポート:ホテル並みの施設で投資はいかが?

藤本京子(CNET Japan編集部)2004年03月31日 12時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近ごろ、個人投資家向けのサービスに力を入れる証券会社が増えつつある。投資に関する情報収集に最適な環境を提供すべく、投資家向けの特別ディーリングルームを開設する企業も多い。トレイダーズ証券もそのひとつだ。

 トレイダーズ証券は4月1日に、国内の個人投資家やトップトレ−ダーを対象とした投資スペースTTS(トップトレーダーズスクエア)をオープンする。同社は主に外国為替取引や日経225先物・オプション取引を扱っており、顧客の4割はデイトレーダーだという。投資家向け特別スペースに対するニーズがあるのも納得できる。TTS内では、ロイター、クイック、ブルームバーグ、CQGなどのプロ用情報端末が実費で利用可能となっており、「ここまでプロ仕様の端末が用意されたディーリングスペースは日本初」(同社)だという。

 TTSオープンを目前に控えた3月30日、同社はプレス向け内覧会を開催した。TTSの内装デザインは、インテリアデザイナーであるワンダーウォールの片山正通氏が手がけており、これまでの金融系施設とはひと味違った空間となっている。

 日本ではまだ個人投資家が多いわけではないが、トレイダーズ証券では潜在顧客は多いとみている。同社取締役副社長の原屋一雄氏は、「このTTSで個人投資家を引きつけることができれば、今後日本各地に同様の拠点を設けたい」と語る。このような場を提供することで、個人投資家が増化し、投資家コミュニティができあがるかもしれない。

情報端末が並ぶTTS内。各種情報端末が揃えられている。

個室も用意されている。ガラス張りの個室と、窓が全くなくプライバシーを重視した個室がある。

投資家の憩いの場となるInvestors Lounge。29階からの絶景が楽しめる。デザイナーの片山氏は、「東京を展望できるパノラマビューを生かしつつ、ホテルのラウンジを意識してデザインした」という。

飲み物はセルフサービスだが無料。

-PR-企画特集