ラオックス、「ASOBITCITY」を秋葉原4店舗に分散移転

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラオックス(谷口好市社長)は3月15日、秋葉原の総合エンターテインメントショップ「ASOBITCITY」を4月11日に閉店するにあたり、同店舗を秋葉原管内4店舗に分散移転する計画を発表した。

 分散移転先の店舗は、「ASOBITCITY 1番館」が現ザ・コンピュータMAC館 (4月15日開店予定)、「ASOBITCITY 2番館」が現HOBBY館(館名変更日未定)、「ASOBITCITY 3番館」が旧ナカウラ6号館(1月29日開店済)、「ASOBITCITY 4番館」が旧PC・DO Shop(開店日未定)。

 各店のフロア構成(予定)は、「ASOBITCITY 1番館」が、地階:アダルト、1階:書籍、2階:TVゲーム、3階:DVD、4階:ホビー、5階:PCゲーム。「ASOBITCITY 2番館」が、地階:アダルト、1階:書籍、2階:TVゲーム&DVD、3−4階:ホビー、5−6階:鉄道模型。「ASOBITCITY 3番館」が、1階:アニメ&映画、2階:PCアダルトソフト、3階:アダルトDVD。「ASOBITCITY 4番館」が、1階:エアガン&シューティングレンジ、2階:ミリタリー関連。

 なお、秋葉原以外の直営店舗や子会社・関連会社の店舗についても、従来通り、支店のインショップ形式で「ASOBITCITY」をチェーン展開していく。現在、チェーン展開している店舗は、東習志野店、茂原店、新狭山店、守谷店、網島樽町店、ラオックスヒナタ上田店、ラオックスヒナタ長野北店、ラオックス真電長岡店、ラオックス真電小新店の9店舗。

ラオックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加