日本ユニシスがDB監視システムを発売、内部犯の不正アクセスも検知

ニューズフロント2004年03月03日 15時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは3月3日、米IPLocksが開発したデータベース監視システムIPLocks-DSASの販売を始めると発表した。

 IPLocks-DSASは、データベースの情報漏えいや改ざんを検知するシステムで、発生し得る情報リスク被害を最小限に抑えられるという。データベースに対するアクセスを外部から監視し、正常なデータベース操作を自動的に学習する。不審な操作を検知すると、電子メールなどで管理者に報告するとともに、監査レポートを出力する。導入や監視作業は、既存のアプリケーションやデータベースを停止せずに行える。

 日本ユニシスは、「今までのITセキュリティは外部からの攻撃への対応が主であり、内部漏えい対策は比較的脆弱であった」と指摘する。「IPLocks-DSASにより、内部犯による情報漏えい/改ざんを防止できる」(同社)

日本ユニシスのプレスリリース
IPLocks

  • このエントリーをはてなブックマークに追加