logo

NEC、ベリタスソフトのLinux対応製品を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、ベリタスソフトウェア(木村裕之社長)のエンタープライズ向けLinux製品「VERITAS Foundation Suite for Linux」および「VERITAS NetBackup Enterprise Server for Linux」の販売を2月18日から開始した。

 同社は、エンタープライズ領域のLinuxビジネスを拡大するため、昨年10月にベリタスソフトウェアと提携しており、今回2製品の販売開始はこの提携に基づくもの。NECでは両製品について、今後3年間で2500本の販売を見込んでいる。

 「VERITAS Foundation Suite for Linux」は、論理ボリューム管理ツール「VERITAS Volume Manager」とジャーナルファイルシステム「VERITAS File System」の2製品を統合した製品。価格は、1CPUライセンスで24万8000円から。

 主な特徴は、

  1. ジャーナリング機能搭載によってファイルシステムの信頼性を高めるとともに、独自のブロックアロケーション技術でシステムのファイルアクセス性能の向上を図ることが可能

  2. ソフトRAID構成の設定・変更やボリューム再構成などオンラインでのストレージ管理が可能

  3. オンラインのパフォーマンス監視とチューニングツールを搭載

 ――など。

 「VERITAS NetBackup Enterprise Server for Linux」は、「VERITAS NetBackup」のLinuxプラットフォーム向け製品。クライアント/サーバ型のネットワークにおいて高機能なバックアップ、アーカイブおよびリカバリ・サービスを提供し、ミッションクリティカルな業務に不可欠なバックアップソリューションの一端を担う。ライセンス価格は90万7000円から。

 主な特徴は、

  1. Linux、Windowや各種Unix OSが混在するマルチプラットフォーム環境におけるバックアップ運用の統合が可能

  2. バックアップ業務の管理(最上位層)、実行(中間層)、バックアップ対象(最下位層)の3階層型のバックアップシステムが構築可能

  3. バックアップ対象となる複数マシンのデータを同時にテープ装置へ転送し、1つのテープに同時書き込みを行うマルチプレキシング機能を搭載

  4. 複数のテープに複製しながらバックアップする機能(Inline Tape Copy機能)を標準装備

  5. ディスクにあるバックアップイメージのテープへの複製が容易

  6. 一度失敗したバックアップの途中から再始動が可能(チェックポイントリスタート機能)

 ――など。

NEC
ベリタスソフトウェア

-PR-企画特集