logo

YDCと横河電機など3社、ネットワークセキュリティ分野で提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワイ・ディ・シー(YDC、宮坂 博社長)と横河電機(内田 勲社長)、E3ネットワークス(E3、石黒太郎社長)の3社は2月12日、ネットワークセキュリティ分野において、共同での市場開拓を始め、技術協力を積極的に推進していくことで合意したと発表した。

 具体的には、YDCがシステムインテグレータとして、横河電機の不正侵入検知アプライアンス製品「ISシリーズ」と、E3のWebサイト改ざん検知・復旧ツール「Tripwire for Servers 4.0日本語版」との連携を行い、サーバ上のデータの整合性を保証する統合的なソリューションとして提供していく。

 「ISシリーズ」は、インターネットセキュリティシステムズの不正侵入検知ソフトウェア「RealSecure Network Sensor」を実装した専用プラットフォームによるIDSアプライアンス製品で、

  1. 高い性能と信頼性を両立し、国内メーカーならではの充実したサポートを提供

  2. ネットワーク上のすべてのパケットを監視し、不正アクセスの兆候をリアルタイムに検知

  3. 検知後は、セッションの切断、SNMPトラップ送信、E−Mail送信など、迅速な対応が可能

  4. 大手企業や官公庁を始め、性能や品質に関して要求の厳しい大手通信事業者などで多くの稼動実績

 ――などの特徴をもつ。

 「Tripwire for Servers 4.0日本語版」の特徴は、

  1. サーバ上のWebコンテンツや重要な企業データをモニタリングし、いつ、誰が、何を、どのように変更したかを素早く検知

  2. データの整合性保証アプローチによって、サーバのアップタイムと可用性を向上

  3. Tripwireレポートを使用して、IT監査/法的監査、あるいは不正侵入に対する証拠に備えた記録を保全可能

 ――など。

 今回、両製品を連携することで、「ISシリーズ」で検知した「侵入の事実」と「改ざんの可能性」を基に、管理者の手を介することなく「Tripwire for Servers」によって即座に改ざんを修復することが可能となる。

 今後、3社は相互に技術情報を提供し、「ISシリーズ」と「Tripwire for Servers」の連携確認作業を共同で行うとともに、その成果物を検証済みのソリューションセットとしてYDCを通じて販売する。また、横河電機とE3は、「ISシリーズ」、「Tripwire for Servers」の技術サポートをYDCに提供する。ユーザーは、YDCから同ソリューションを導入することで、短期間で信頼性の高いWebセキュリティ・システムを構築することができる。

 さらに3社は、共同でセミナーを開催するなど、積極的なマーケティング活動も展開する方針。連携ソリューションの価格は300万円から。YDCは、同ソリューションで初年度50セットの販売を計画している。

ワイ・ディ・シー
横河電機
E3ネットワークス

-PR-企画特集