サイボウズ、グループウェア製品経由で東京商工リサーチの企業情報を販売

ニューズフロント2004年01月09日 15時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは1月9日、同社のグループウェア製品から東京商工リサーチの企業情報をクレジットカード決済で購入できるサービスを発表した。このサービスは同日より開始される。サイボウズ Office 2以降の全ユーザーが利用できる。情報の価格は、1件当たり1260円(消費税込み)。

 同サービスは、東京商工リサーチの企業情報をサイボウズ AG、サイボウズ Office 6、サイボウズ ガルーンの「インターネット活用/連携サービス」の「企業検索」や、サイボウズ Office 2以降の「ビジネス情報」で販売するもの。約130万社の企業について、業績、大株主、取引先、概況などの情報を提供する。

 サイボウズは、同サービスを開始するため、クレジットカード課金のインフラを構築した。同社は、「他社との協業を視野に入れながら、このインフラを生かしたコンテンツサービスの充実を図る」としている。さらに、企業向け一括請求など、クレジットカード課金以外のインフラも今後充実させるという。

サイボウズのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加