フィリップスとサムスン電子、デジタル家電向け半導体用ソフトを共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロイヤルフィリップスエレクトロニクスとサムスン電子は1月6日、デジタルテレビやセットトップボックス、DVDプレーヤー、携帯情報端末など、さまざまなデジタル家電に利用可能なホームソリューション半導体用ソフトウェアの仕様(UH-API:Universal Home-Application Programming Interface)策定に合意したと発表した。

 これまでハードウェアとソフトウェア間のインターフェースであるAPIには標準的な仕様がなかったため、アプリケーションソフトウェアの非互換性や開発の重複が深刻な問題となっていた。今回の両社の協力は、このような非互換性の根本的な改善や、デジタル家電の開発周期の短縮、費用の削減を可能にするとともに、ソフトウェアメーカーやミドルウェアメーカーに対し、より質の高いコンテンツの開発に集中できる環境を提供することが目的。

 UH-APIの策定によって、デジタル家電メーカーやソフトウェアメーカーなどは、ホームソリューションに欠かせない半導体を用いた最適な製品とサービスを素早く市場に出すことが可能となる。

 フィリップスでは、まず自社のホームソリューション半導体シリーズである「Nexperia」にUH-APIを適用する計画だ。サムスン電子もまた、自社の高画質テレビ用チップセットへの適用を始めとして、アナログテレビ、セットトップボックス、DVDプレーヤー、ビデオカメラ、ホームサーバーなど多様なデジタル家電用半導体に応用していく予定。

 UH-API草案は、2004年第1四半期中に公開し、両社では多くの関連メーカーに参加を呼びかける計画。

日本サムスン
サムスン電子
ロイヤルフィリップスエレクトロニクス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加