logo

NEC、サウンドビュー搭載の3D表示ノートPCなど発表

ニューズフロント2004年01月07日 15時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECパーソナルプロダクツは1月7日、画面から音の出るSoundVu(サウンドビュー)システムと3次元(3D)表示に対応した液晶画面を搭載する新型ノートパソコンLaVie Sや、液晶テレビとして利用可能な23型ワイド液晶ディスプレイ付きのデスクトップパソコンVALUESTAR Tなど、個人向けパソコン11タイプ26モデルの販売を開始した。いずれも価格はオープン。

 主な新モデルの概要は以下の通り。

LaVie S LS900/8E
  • LaVie S LS900/8E:
     専用メガネなど特別な装置を使わずに3D表示が可能な液晶画面を搭載する。ノートパソコンでSoundVuシステムを採用するのは、同モデルが世界初という。2次元(2D)映像を3D化するソフトウェアや、3D表示液晶対応のゲームソフトウェアFINAL FANTASY XI for Windowsを標準添付。出荷開始は1月29日。
VALUESTAR T VT900/8D
  • VALUESTAR T VT900/8D:
     パソコン本体を起動することなく液晶テレビとして利用可能な、23型ワイド液晶ディスプレイをセット販売する。出荷開始は1月15日。
  • LaVie RX LR700/8E:
     SXGA+(1400×1050ピクセル)表示対応の14.1型液晶画面を採用したノートパソコン。動作周波数1.50GHzのインテルPentiumMプロセッサ、カナダATI Technologies製グラフィックスLSI、MOBILITY RADEON 9600、
    LaVie RX LR700/8E
    約80Gバイトのハードディスク装置、IEEE 802.11a/b/g対応無線LAN機能を搭載するなど、「メインマシンとして使える高性能、高精細画面を装備したモバイルノート」(両社)。出荷開始は1月29日。

 また両社は、ウェブ販売専用パソコンVALUESTAR G、LaVieGでも同様の強化を図るとともに、店頭販売モデルにはないプロセッサや光ドライブを搭載するなど計12タイプ35モデルを商品化し、同日受注を開始した。

NECのプレスリリース
NECパーソナルプロダクツ

-PR-企画特集