デジタルガレージ、モバイル事業子会社の設立などを発表

ニューズフロント2004年01月06日 15時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルガレージ(DG)は1月5日に開催した臨時取締役会で、携帯電話/モバイル事業分野での戦略的事業子会社、DGモバイルの設立を決議した。DGが1月6日に明らかにしたもの。さらに同社は、同事業分野におけるコンテンツ関連技術でセルシスと、配信技術などの分野でビー・ユー・ジー(BUG)とそれぞれ提携することも同日発表した。

 DGモバイルは、携帯電話を主としたモバイル端末向けの事業を中心に業務を行う。第一弾の事業展開として「3G向けモバイル・コンテンツ・ビジネス」に着手し、先に資本/業務提携したセルシスの「デジタル・マンガ・ソリューション」をベースとするソフトウェア販売、リッチコンテンツ制作、システム運用サービスの各事業を開始する。さらに、モバイルコマース、海外市場、モバイル広告などの分野にも順次事業を展開していく。

 新会社の概要は以下の通り。

  • 商号(仮称):株式会社DGモバイル(ディージー・モバイル)
  • 設立年月日(予定):2004年1月26日
  • 本社所在地:東京都渋谷区富ヶ谷二丁目43番地15
  • 代表者名(予定):代表取締役会長は林郁氏(DG代表取締役)、代表取締役社長は小尾一介氏(DG取締役)
  • 資本金:8000万円
  • 大株主:デジタルガレージ(62.5%)
  • 事業予測:初年度の売上規模は1億8000万円、3年後は9億3000万円

 またBUGについて、DGは「画像処理技術を核として、DTPなどのコンテンツ管理や通信ネットワークなどの分野で総合的な技術力を持つ」と評価しており、「両社の技術/ノウハウ/知的資産を融合して対処する事が、スピード感ある事業展開に極めて有効と判断した」(DG)。具体的には、BUGがDGモバイルに資本参加するとともに、今後両社は第3世代携帯電話向けコンテンツ管理、配信システムなどで技術協力する。さらに、これらのシステムを活用した法人向けサービス事業などの領域で協業していく。

デジタルガレージのプレスリリース
セルシス
ビー・ユー・ジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加