NEC、Express5800/1320Xdのベンチマークで4030同時ユーザーを達成

ニューズフロント2004年01月05日 15時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、Express5800/1320XdとSAN対応ディスクアレイ装置iStorage S2000シリーズを組み合わせたシステムでSAP SDベンチマークテストを実施し、1月5日に計測結果を発表した。それによると、「Windows環境で世界最高性能となる4030同時ユーザーを達成した」(同社)という。

 計測に使用したExpress5800/1320Xdは、動作周波数1.5GHz、3次キャッシュ6Mバイトのインテル製64ビットプロセッサ、Intel Itanium2プロセッサを32個搭載するサーバ。またSAP SDベンチマークは、企業の基幹業務向けパッケージSAP R/3の販売管理処理性能を測定するベンチマークテストで、4030同時ユーザーとは、約12秒ごとに画面処理を行うユーザーが4030人同時にシステムを利用できることを意味する。

 計測結果と測定システムは以下の通り。

【計測結果】

  • 同時アクセスユーザー数:4030ユーザー
  • 平均レスポンス時間:1.95秒
  • スループット(SAPS値):2万250
  • セントラルサーバCPU使用率:94%

【測定システム】

  • システム:NEC Express5800/1320Xd
  • プロセッサ:Itanium2プロセッサ(1.5GHz/6Mバイト3次キャッシュ)×32
  • システムメモリ:256Gバイト
  • OS:Microsoft 64bit version Windows Server 2003, Datacenter Edition
  • データベース:Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition(64bit)
  • アプリケーション:SAP R/3 version 4.70
  • ディスクアレイ:iStorage S2000シリーズ

NEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加