PTP、デジタル機器メーカーの企業格付けを一般公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パワー・トゥ・ザ・ピープル(PTP、有吉昌康社長)は12月22日、デジタル 機器メーカーの格付け情報を集計し、一般向けに定期的に公開するとともに、 企業向けに詳細データを販売開始することを発表した。

 企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)が注目される なか、CSRのなかでも最も企業が責任を果たすべき「消費者対応」に対し、具 体的客観的な指標を提供することが狙い。まず12月から、問合せのあった企業 に対し、より詳細なマーケティングデータの販売を開始し、来春から、集計し た格付けや順位の情報を一般にも公開していく。

 PTPでは、設立以来3年半にわたり、消費者による商品・サービスの評価をイ ンターネット上で客観的な視点で掲載してきた。従来は、個別の商品・サービ スごとの顧客満足度データを公開してきたが、今回、新たに企業ごとに集計し たデータによる格付けランキングを一般消費者に公開することにした。

 格付けにあたっては、インターネットや携帯電話で寄せられる一般消費者の 声をもとに集計した商品に対する「顧客満足度」と、同社が3年前から調査し ている「不具合発生率」を企業ごとにまとめ、評価を決定する。

 同社では、今後も定期的に企業の格付けを公開し、企業イメージだけでなく、 具体的な商品群ごとに顧客満足度を提供することで、企業に対する消費者の評 価の目を育てていきたい考え。また、格付けを公開することで、企業自体の消 費者対応への関心を喚起し、商品・サービスの改善に真剣に取り組む企業の増 加を推進していく方針。

 さらに、企業向けに、消費者の視点から商品・サービス改善のためのコンサ ルティング活動を行ってきたノウハウをもとに、今後、顧客満足度の分析デー タを幅広く企業に販売するほか、大企業だけでなく中小企業や部品メーカーに 対しても、分析データの提供および、商品企画力や提案力向上のためのコンサ ルティングを提供していく予定。

パワー・トゥ・ザ・ピープル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加